債務整理を考える

   

自己破産とは

破産とは、債務者が多額の借金などにより経済的に破綻してしまい、自分のもっている資産では全ての債権者に対して完全に弁済することができなくなった場合に最低限の生活用品などを除いた全ての財産を換価して、全債権者にその債権額に応じて公平に弁済することを目的とする裁判上の手続のことをいいます。破産の申立ては債権者からもできますが、債務者自らが申立てる破産を自己破産といいます。

破産者名簿と官報に記載される

自己破産すると、周り近所にその事実が知られるのではないかと心配する方が多いのですが、そのような心配はまずないといっていいでしょう。
破産手続開始決定を受けても、戸籍や住民票に記載されることは無いので、子供の就職や結婚などに影響が出ることはありません。しかし、破産者の本籍地の市区町村役場の破産者名簿には記載されますが、これは第三者が勝手に見ることは出来ませんし、免責決定を受けると破産者名簿からも抹消されます。また、破産手続開始決定は官報には記載されますが、一般人が官報などを見ることはまずありませんし、裁判所から勤務先の会社に連絡がいくようなこともありませんので、会社をクビになるようなことはありません。

選挙権を失うことはない

自己破産をしても選挙権や被選挙権などの公民権は喪失しません。しかし、破産者は弁護士・司法書士などの職に就くことはできなくなるなど一定の資格制限があります。ただし、免責決定を受ければ、この資格制限も無くなります。

ブラックリストへの登録

自己破産をすると、信用情報機関に所謂ブラックとして登録されます。この登録機関は、信用情報機関によって多少の違いがありますが、およそ5〜10年です。
このブラックリストに登録されると、その期間は銀行やサラ金からお金を借りたり、クレジット会社からカードの発行を受けることが困難となります。しかし、銀行や郵便局に預金をしたり、公共料金の引き落としまでができなくなるわけではありません。

マイホームは手放すことになる

自己破産は、借金返済の最終手段ですので当然、必要最低限の生活用品を除く全ての財産は強制的に換価されて、債権者に平等に分配されますので、マイホームのように非常に財産価値の高いものは、当然換価されることとなります。
具体的には破産管財人によって任意売却されるか、競売にかけられることとなりますが、直ぐに家を追い出されるという訳では無く、実際に新しい買主が現れるまでは従来どおりに住み続けることができます。現実には、破産を申立ててから不動産が売却されるまでに半年以上かかることも珍しくありませんので、その間であれば追い出されることはないといえます。

流石に生活用品までは取られない

自己破産は精算手続きなのですから、当然お金に換えることのできる物であれば強制処分されてしまいます。しかし、そうはいっても債務者の最低限の生活は保証されていますので生活する上での必要最低限の家財道具は差押禁止財産として取上げられることはありません。

破産手続決定と免責決定は別物

一般の方はよく破産の申立てをして破産手続開始決定を受ければ、借金がなくなると思っています。しかし、実際は免責決定を受けて始めて借金がなくなるのです。従って、自己破産をする最終的な目的は、はこの免責決定を得ることであるといっても過言ではありません。

自己破産が終了するまでの期間

自己破産の申立てから免責決定までは裁判所や個々の事情によっても多少の違いはありますが、およそ半年程度です。しかし、東京地方裁判所においては弁護士が代理人となって申立てる個人の破産申立てに関して即日面接を採用しており、即日面接を利用した同時廃止事件の場合は、全ての手続きが終了するまで3ヶ月程度で済むので、非常にスピーディーといえるでしょう。

recommend

日々の勤怠管理の困ったを解決します!

勤怠管理システム

あなたとご家族の健康のためにいまできること、それはまずいジュースを飲むこと。

ノニで健康

貸倉庫・工場・土地を簡単検索!

東京の貸倉庫

新品・中古問わず高価買い取りいたします。

携帯電話の買取

完全オリジナルのデザインで作成いたします。

サッカーユニフォーム オーダー

Last update:2014/12/17